検校の庵
タイトルが妖怪小説のようですが、違う。 東京在住のもの書きが読んだ本を記録に留める日記です。 もの書きが読んでばかりでいいのかと思うだろうが なに、開かんと欲すれば、まずは蓋をするべきなのです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/09(土)   CATEGORY: 資料
最近分かったが
毎日ブログを更新する人はヒマ人か仕事でやってるかどっちかだ。

この人とか。

 さて、今回はこれ。
ドキュメント 戦争広告代理店―情報操作とボスニア紛争 ドキュメント 戦争広告代理店―情報操作とボスニア紛争
高木 徹 (2002/06)
講談社

この商品の詳細を見る
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/08/04(金)   CATEGORY: 資料
リボルテック キングゲイナー
 買いました。
 ちなみにこの記事のカテゴリは「資料」。
 間違ってないぞ。

STAND2.jpg
取りあえずカトキ立ち。洗濯機の上で撮影していることは気にするな。

 極めて良く動くのが気持ちいい。カコイイ。
 こんなポーズでも自立可能。肘も手も着いてません。(明るさのレベル補正はしまくってますが)
20060804173308.jpg
光球をはね返す!?

 すごい複雑な関節の切り方をしてるので、かなりの自由度があるのがいい。ここ数年でフィギアのレベル、めちゃ上がったんだな……。

 基本的にすごく満足だが、惜しいところが三点。
KAO.jpg

1 顔の青い部分のバランスがおかしい。
2 首と胴体の間に大きなスキマがある。
3 飾り台の出来がイマイチで、空中浮遊の姿勢が保持しにくい。

 特に3。
FLY.jpg
メータル~オ~バ~マン、キ
FLY2.jpg
ング?
 足の裏に穴があって、そこに飾り台のポッチリを入れて固定する仕様だが、イマイチ固定し切れていない。
 本当に、その三つだけが惜しい。
 同じリボルテックのダンテに使用した飾り台を使うと、完全に保持できるらしいので、台のためだけにもう一個買う……か? うーむ。
 写真の撮り方もリンク先の人の方が数倍うまいので、一見。

 アマゾンのリンク。
リボルテック No.7 キングゲイナー リボルテック No.7 キングゲイナー
(2006/07/15)
海洋堂

この商品の詳細を見る

つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/07/18(火)   CATEGORY: 資料
THE有頂天ホテル
 今回、紹介するのはこれ。

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
役所広司 (2006/08/11)
東宝

この商品の詳細を見る

つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/07/08(土)   CATEGORY: 資料
AND NOW
 始まりに、「テスト」とだけ書いてあるブログがある。
 テストなら消せよ、と思うが、まあ個人の自由だ。
 本ブログで最初に紹介する本はこれ。

異端の数ゼロ―数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念 異端の数ゼロ―数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念
チャールズ サイフェ (2003/10)
早川書房

この商品の詳細を見る

 ゼロという数は不思議である。
 「何もない」が「ある」のだから。
 この数字がいかに理解しにくいか、想像してあまりある。
  本書はゼロの伝記とも言うべき一冊である。
 量子力学や相対性理論などにも言及され、大変興味深い。

 そして何よりゼロの良いところは「ある」数をゼロで割る
と「いくらでもある」 になる。
 すなわち無限である。

 本ブログの一冊目にふさわしい。





 という言葉を「テスト」の代わりにしたいが、どうか。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 検校の庵. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。