検校の庵
タイトルが妖怪小説のようですが、違う。 東京在住のもの書きが読んだ本を記録に留める日記です。 もの書きが読んでばかりでいいのかと思うだろうが なに、開かんと欲すれば、まずは蓋をするべきなのです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/07/10(月)   CATEGORY: マンガ
さんさん録
 「それでも」という言葉が好きだ。
 この言葉にはリスクを肯定する覚悟がある。
 どんなリスクも、この言葉一つで受け入れられる、度量の広い言葉だ。
 まあ、そこまで硬く考えずとも、男らしい言葉には違いない。
 きっと島本和彦先生もお好きだろう。

 今回の本はこちら。
さんさん録 (1) さんさん録 (1)
こうの 史代 (2006/03/11)
双葉社

この商品の詳細を見る

つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 検校の庵. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。