検校の庵
タイトルが妖怪小説のようですが、違う。 東京在住のもの書きが読んだ本を記録に留める日記です。 もの書きが読んでばかりでいいのかと思うだろうが なに、開かんと欲すれば、まずは蓋をするべきなのです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/07/28(金)   CATEGORY: 雑談
時をかける少女
 タイトルの映画を見た。
 結論を先に言えば大変面白かった。

 作品自体についてはあちこちで既に感想が出ているとおり、良くできたシナリオ、鮮烈な〝夏!〟を表現した美術、テンポのいい演出など、極めて良くできた作品である。
 キャラクターや小道具のデザイン、セリフなどからは「2006年という時代を封じ込める」という意図が感じられる。
 タイムリープという設定上の必要か、あるいは何度もリメイクされてきた映画版、テレビドラマ版等との対比して「2006年のアニメ作品としての『時かけ』」を作ろうとしたのだろうか。
 恐らく後者だと思う。

(細かいことを言えば一点だけ分からないことがあったが……私の見落とし? 以下ネタバレで感想かきます)
 分からないのは「冒頭で真琴が理科室で遭遇した影は誰だったのか?」ということである。
 タイムリープしてきた真琴ではない。千明でもない(千明のタイムリープ回数は、あの時点で既に残り一回。しかも野球場にいたはず)。では誰? どうやって密室から出たのか?
 この一点が分からない。本筋とは関係ないし、私の見落とした伏線があったのかも知れないが、やはり気になる……。

 アニメ界では作品を否定する根拠として「この作品はアニメで作る意味がない」という言葉がよく使われる。実写でできるなら、実写でやればいい。わざわざ一枚一枚手作業で絵を描く、面倒くさいアニメーションという手段で表現する意味は無いじゃないか、ということである。
 同じ筒井作品のアニメ化でも「パプリカ」なら分かる。予告を見ただけで実写ではできない映像が散見されるからだ。
 何度も実写作品化されてきた本作品をアニメ化する理由とは何か? 現に同じシナリオで実写作品を作ることは充分可能だと思う。
 本作は原作の知名度におんぶされている作品、という枠から出ることが出来たのだろうか?

 冒頭に書いた通り、面白い作品であることは事実である。

 作品以外に関して言えば、劇場公開数を絞ったことが功を奏していると思う。
 トラックバック先の地図を見れば分かるように(記事引用の方法が分からん(汗))、選択と集中という配給方針である。
 某氏によれば劇場に配るフィルムは一館につき約50万円かかるらしい。まずこれがバカにならない。
 しかし東京に一館だけというのは選択しすぎじゃないのか……と思うが、これがそうでもない。
 いやなことだが、情報が氾濫している現在、「流行っているものが流行る」という現象がある。
 全国配給にして「ガラガラだったよ~」てな風評が立つより、少ない映画館であっても一杯にして「ひと一杯だった。すごい流行ってるよ~」という評判を立てた方がプロジェクトにとってはプラスになる、という判断なのだろう。
 現に私の行った回の、平日の午後五時からの上映で客席が半分強埋まっているという図はなかなか見れないし、見に行った人々は各々「時かけ」に満足して帰っていっただろう。
 方法としてはアリだと思う。

 欲を言えば駅前すぐの新宿武蔵野館あたりで公開して、お客さんの行列自体を宣伝にしたかったところである。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 検校の庵. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。